景観の良さからも選ばれる千葉の樹木葬

subpage01

自然葬の形式の中で、もっとも選ばれやすいのが樹木葬です。



千葉エリアにおいても、専用の区画が設けられた霊園が急増、広告などでも樹木葬区画の募集が目立ってきています。

よりシンプルさを追求したAll Aboutに関する情報をすばやく探せます。

死後は大自然に回帰したいという風潮の高まりに加えて、従来の墓石を建てる形式の墓所では、後々託せる子孫がいないといったことからも、希望する人が多くなっています。従来形式の墓所を設けるよりも費用がかからないことからも、樹木葬は人気を集めています。

埋葬形式にはいくつかの種類がありますので、価格帯にはかなりの幅がありますが、霊園施設などに供養や管理を任せられる永代供養墓としても注目されています。



新しい埋葬スタイルだけに、人々の要望が反映されやすい形式とも言えます。埋葬地の外観や埋葬形式は、樹木葬の数だけ違いがあるというほど、多岐にわたっています。

丘陵地が多い千葉では、寺院が持つ里山などに専用区画を設けて埋葬したり、都市部郊外ではもともと樹林が多かった霊園が、芝生や花々でフラワーパークのように整備した区画を設けています。

桜を墓標とする桜葬、バラの根元に埋葬するガーデニング霊園など、墓所とは思えない景観の良さも、人気のポイントとなっています。
千葉エリア一帯は、温暖で気候も穏やかなため、植物の生育に適していることからも、樹木葬向きのエリアと言えます。

木漏れ日が明るく入るように整備されている花と緑に満ちた専用区画は、墓石だけが立ち並ぶ従来の墓所よりも親しみやすいという点からも、多くの人の好みに叶っていると考えられます。
千葉に限らず、首都圏全域でさらに増えて、定着していく傾向にあります。