埼玉県で利移用する永代供養

subpage01

埼玉県内では、永代供養ができる墓地や霊園が近年人気となっています。

家のお墓は子供や孫まで代々家族で守っていくというのが一般的ですが、近年では子供がいないという夫婦や生涯独身という人も埼玉県内には多くおり、自分たちが死んだ後にはお墓の管理をしてもらう人がいなくなってしまうことになります。



しかし、永代供養で利用をしていれば、これから先もずっとその墓地や霊園で管理をしてもらえるので安心です。

Yahoo!知恵袋に関する情報が幅広く集まります。

永代供養は、墓地や霊園によってシステムがさまざまです。個人のお墓である場合には、33回忌までという契約であることも多いのですが、17回忌までしか利用ができないということもあります。
また、期間は契約によって選ぶことができるケースもあり、長ければ50回忌まで利用ができることもあります。

この期間が終了した場合には、今ある場所から遺骨を動かされてしまうことになりますが、合同供養塔に入れてもらって永代供養ができるので不安はありません。
埼玉県内の墓地や霊園では、永代供養塔という人工的に作られた石碑の下に埋葬するという方法の他にも、自然葬の一つでもある樹木葬で行われていることもあります。



石碑の代わりとなる一本の木の下に埋葬されることになるのですが、シンボルともなる木は桜などが利用されています。

死んだ後には、自然の流れの一つにかえるという自然葬の考えは近年注目されている埋葬方法であり、個人のお墓としても利用されています。