千葉の土地柄と馴染む自然葬

subpage01

首都圏にあって自然環境にも恵まれている千葉は、自然葬との親和性が高い地域と言えます。



三方を海に囲まれ、緑豊かな丘陵地帯も多いため、海洋葬や樹木葬といった新しい葬送形式を受け入れやすい土地柄でもあります。
霊園の広告も、従来の墓石が建つ墓所区画より、樹木葬や自然の景観を生かした永代供養墓の募集が、いっそう目立つようになってきています。
最近注目されている散骨も、自然葬が選ばれる傾向に拍車をかけています。


骨壺に入れた遺骨を墓所に納骨するのではなく、遺骨を粉末状にして自然葬として散骨することで新たに墓所を購入せずに済み、費用面の負担が少なくなります。


後々のお墓参りにこだわらない人は海洋葬として散骨をおこない、散骨した地で故人を偲びたい人は樹木葬区画などで散骨をおこないます。

千葉エリアに限らず、自然葬は景観の面でも人々に好まれる条件を備えています。


樹木葬や永代供養墓の場合、芝生や色とりどりの花などで整備されたフラワーパークのような霊園に設けられていることが多く、従来の墓石だけが並ぶ墓地よりも人気を集めています。


海洋葬も、生命の起源である大海原への散骨が自然への回帰そのものを感じさせ、憧憬を呼ぶ形式となっています。
穏やかな東京湾、豪壮な外房の海岸風景はもちろん、情緒ある里山の風情にも随所で親しめる千葉では、今後も自然葬形式での埋葬地が増えていくと考えられます。

NAVERまとめに対して関心度が高まっています。

東京からのアクセスが良好なことから、都民の注目をも集めるエリアになりつつあります。