どのような業種で起業すべきか

  • どのような業種で起業すべきか

    • 高度経済成長期は、起業という言葉はあまり一般的ではなく、小規模なものは個人事業、大規模なものは会社の設立、という明確な区別がありました。


      物を作れば売れるという「プロダクトアウト」の時代は、いかに生産背景を確保し、いかに在庫を調整し、いかに営業し、いかに販売チャンネルを整えるかが「事業」でしたが、現在はほとんどの家庭や個人が必要な物資を所有しており、消費者が食指を伸ばす物しか売れない、つまり、消費者がほしい物やサービスを作る「マーケットイン」の時代になっています。
      プロダクトアウトの時代は、資本や設備が整えば、事業が失敗する確率は定数的にコントロールできましたが、マーケットインの時代においては、極論すれば、ほとんどの事業が失敗することになります。
      ですから、事業をおこなう側としては、事業に大きな資本を投下すべきではなく、リスクを負ってはいけないのです。


      小資本・低リスクで小さなテストマーケットを数多く行い、その中からマーケットの反応があったものをピックアップして拡大していく、これが現代の起業のあり方なのです。


      時代とともに、起業の意味は大きく変遷しています。特に日本は、経済が急速に発展し、一世代の中でも、事業を成功に導くメソッドがかなり乱立していますので、先輩経営者のそれを鵜呑みにして採用することがないようにすべきでしょう。


      他人の成功体験は、すでに誰もが知りうる情報ですから、情報としての価値がないのです。起業に成功している人は5%にも満たないといわれています。
      それほど起業は難しいことですので誰でもができることではありません。


      才能も必要ですし、根性も必要ですし、運も必要です。


      このうちのどれもが欠けても成功することはできません。


      この3つがほどよくミックスされた人のみが成功への階段を上ることができます。


      才能とは性格も含めたその人の全てを意味します。人格といってもいいかもしれません。

      会社を経営するときに重要なことは損益計算書や貸借対照表の数字を読むことのほかに人を使ったり動かしたりする才能です。


      人間の身体はひとつしかありませんから、自分以外の人にも頑張って働いてもらわなければいけません。

      そのためには従業員の心をしっかりと掴み気持ちよく働いてもらうことが大切です。

      最近はパワハラという言葉がマスコミに登場することが多いですが、力で従業員を働かせても結局は成果は上がらず従業員の定着もなく企業業績は尻すぼみになります。
      経営者の一番の仕事は人員管理といわれることがありますが、それを可能にするのは経営者自身がどれだけ従業員から支持されているかにかかっています。

      根性は、どんな苦境に陥っても負けない精神的強さです。経営者はいろいろな障害が毎日のように襲ってきますのでそれに耐ええるタフさが必要です。
      昔のキャッチコピーに「タフでなければ生きていけない。

      優しくなければ生きている資格がない」というのがありましたが、まさに起業に向いている人のことをいっています。

      ビジネス視点で商圏分析に対して関心度が高まっています。



      SEO対策関しての情報探しを行うならネットが便利です。



      話題の最新アプリ開発会社に関する疑問を解消してください。

      https://4meee.com/articles/view/901944

      http://jp.reuters.com/investing/quotes/quote?symbol=WIFI.O&exchange=XXCX

      http://www.asahi.com/koshien/89/pdf/

  • 関連リンク

    • 大きな投資があってはじめる起業でないかぎり、経済が成熟した日本では、ほとんどのスタートアップ(ベンチャーは和製英語で、英語で正しくはこう言います)は小資本・少人数からはじめる起業がほとんどのはずです。その場合、まずは、事業主体を個人ではじめるか、法人ではじめるかで悩むことになります。...

    • 起業とは新しく事業を起こすことですが、わかりやすくいいますと新たな会社を興すことです。そして、新たに会社を興すとき、どんな仕事をするかが重要になります。...